たかが折り込みチラシされど折り込みチラシ

折込チラシを読まない人、そのまま廃品回収に出してしまうのは男性に多いでしょうか、ところが以外にも、折込チラシで世相や景気を知ることが出来るのです。
景気の良かった頃、チラシは分厚く新聞より重かったものです。
景気が低迷している今、チラシの量は減る一方で、知り合いの新聞店では、折り込みチラシでもうけているようなものだから、収入が減っている。
とこぼしていました。
企業や個人商店でも広告の出費は大きいので、そんなにかけられなくなってきました。
ましてインターネットが普及して、インターネット広告が主流になりつつあり、折り込みチラシ衰退に拍車をかけているようです。
確かに、エコブームの現代では、無駄な紙も使わず、地球にやさしいとなります。
しかし、折り込みチラシの全くない新聞は、ちょっとさびしい気がします。
日々の買い物を欠かせない人は、スーパーのチラシチェックが楽しみです。
チラシ片手に買い物に行く楽しみが、無くなりませんように。